結婚を前提で活動する婚活ですが、婚活をする上で最も大事なことは、相手を知るということです。いくら相手のルックスが自分の好みであったとしても、性格や相性が合わなければ、結婚をしてもいいことはありません。お互いが相手に対して我慢をするということは、一時的にはできることかもしれませんが、結婚ということになりますと、それこそ自分が選ぶ相手と一生をともにするということですので、性格や相性が合わなければお互いにが不行になってしまいます。

そのためにお互いを知るためには、パーティでやり取りすることは二人が知り合うきっかけにはなりますが、やはりデートに勝るものはありません。そこでお互いがデートを楽しんで、相手の良さを理解するためには、ある程度のデートの演出は必要になります。そこで、お互いが知り合い、更に仲良くなるためにはどのような演出方法があるのかということをご案内します。

ただ、まず、デートの演出をご案内をさせてもらう前にお伝えしておきたいこととしては、演出もやりすぎてしまうと、逆効果になってしまいますので、デートの演出をしたい!と言う気持ちはよくわかりますが、それもほどほどにしておくようにしましょう。

それでもデートの演出というのは、特に乙女心をしっかり掴むので、TPOをわきまえて、状況に対応した演出をご案内します。

花束を渡す

ほとんどの女性はお花が好きですが、何気ないデートの際に花束を贈ると女性は「そんなに自分のことを思ってくれてるんだ」と感じてくれます。カップルにおいては、相手を思うということが大前提になりますので、花を贈るという行為が、結果的に自分に対して愛情を抱いてくれていると言う気持ちにします。あと、心配りということを考えてみると、その花が持ってる花言葉であったり、女性の誕生月の花などを贈るとますます乙女心をしっかり掴むと思います。ただ、ここで大事なことはお花を贈る行為以上にあなたのことを思っていますよと言うメッセージが伝わるかどうかということですので、その点に配慮するようにしましょう。

ファーストキスの場所

ファーストキスをどこでというのは、女性にとっては大きなポイントです。女性に人気のあるスポットは観覧車の中というのがあります。ここは、ホテルとは違いますが、やはり二人だけの空間になります。実際に観覧車という二人だけしかいない空間で初めてキスをするという状況は乙女心を掴むようです。ここで、配慮したいのは環境ですね。例えば日中などですと、ロマンチックさがかけてしまうので、夕方から夜にかけて夕暮れやきれいな夜景を見ながらの二人のシチュエーションに乙女心を掴むようです。ここでも、男性の配慮が必要です。

豪華なデートをする

最初にあまりにも豪華なデートをすると、相手も気を使ってしまうので、3回目程度のデートで豪勢なデートをするというのも、おすすめです。この場合豪勢というのは、ただ単にお金を使うということではなく、なかなか予約の取れないレストランやホテルのスィートルームなどでデートをすると、相手も、自分に大きなお金を使ってくれると言う気持ちになります。ただ、このタイプのデートで注意したい点は、お金をたくさん使ったデートだけを喜ぶ女性である場合は、愛情の尺度をお金で計算する場合もありますので、その点は相手がどういうタイプなのかということを見極めるにもいいかもしれません。

サプライズを提供する

ロマンチックな雰囲気でサプライズプレゼントを贈ると感激してくれる女性はとても多いですね。例えばクリスマスのイルミネーションの中でのサプライズや、食事中のサプライズなど、かなり気持ちを伝えることができると思います。