お見合いでの会話で注意する点

結婚相談所を利用して、いざお見合いになっても、話が続かなかったり、盛り上がらなかったりすることで、次に会う約束をするに至らなかった、というようなことがあったりします。お見合いで会話というのはですから非常に重要な要素を含むわけです。

では、お見合いにおいて、会話する上で重要とすることは何があるのでしょうか。

落ち着いて、気さくに話す

あなたは、結婚相談所を利用する異性というのをどのように見ているでしょうか。正直なところ、自分で結婚相談所を利用していながらも、結婚相談所を利用する異性なんて、どうせ会うとなっても、もてない人とか、どこか変な人しか来ないんだろうな、と、結婚相談所を利用する人をイメージの中で軽く見てしまっていないでしょうか。

実は、結婚相談所を利用する方のほとんどが、頭の片隅にこのような思いを抱いています。ですから、早く結婚して退会してしまいたいわけです。実際のところ、結婚相談所を利用する方のほとんどは、いたって普通の人で、ただ結婚願望がありながらも、普段の生活の中で結婚できなかった人にすぎなくて、結婚相談所を利用できる程度の経済力もある分、気にするようなことは何も無いのですが、残念ながら結婚相談所を利用するということに、どこか負い目のようなものがある人が多いというのも実情です。

ですから、結婚相談所を利用してお見合いをするのであれば、まずは自分はいたって普通の人であるということを分かってもらうのが先決です。奇をてらって、変な行動をしたり、またはいかにももてなさそうに、モジモジとしてしまったりすると、ああ、やっぱりまともな人は結婚相談所なんて利用しないんだ・・・というイメージを相手の方は強くしてしまうでしょう。そうなると、そもそも結婚相談所でお見合いして結婚という事がその人にとってNGとなってしまい、お見合いを成功させるとか、そういった話ではなくなります。ですから、自分はノーマルな普通の人間であると分かってもらうために、落ち着いて、気さくな印象を持ってもらうようにしましょう。

気さくな印象を持ってもらうには

気さくな印象を持ってもらうためにどうすればいいかというと、そう難しいことではありません。まず、会話といいますが、実際人間というのはそれほどに人の話を聞いていません。ですから会話というのはそれほど重視するところではないのです。何を言うべきかではなくて、何を言うべきではないかの方が重要で、過激なことや、不快と感じるようなことを言わなければ問題ありません。

それよりも重要なのはニュアンスです。まず、意思表示は明確にしましょう。優柔不断はよくありません。会話は、それを意識して行うとよいでしょう。

また、やはり笑顔はよい印象を与えるものですから、よく笑うようにしましょう。さすがに蛭子さんみたいにニヤニヤしているのはどうかと思いますが、それでも笑顔はやはり良いものです。