結婚相談所でも、結婚できる人できない人がいる

結婚相談所は異性を紹介してくれるところです。それ以上を提供してくれるところではありません。そこのところの認識を間違えると、結婚相談所を利用しても結婚できないということになりかねません。では、結婚相談所を利用しても結婚できない人というのはどのような人なのでしょうか。

二人の間のことをしっかりと考えることができない人

結婚相談所で紹介された方と出会って、お付き合いがはじまったとします。それから先、あなたはその人と色々な人生を共有していくのでしょうか。はたまた、数回食事をしただけでそれっきりとなってしまうのでしょうか。それは分かりませんが、ひとつだけ言えることはその人とどうするかというのはその二人の気持ちの問題だということです。
その人とずっと付き合って結婚したいと思ったとしても、あなたが結婚したいと思った人は、あなたにあまりいい印象を抱かずに違う会員の方と逢ってみようと思うかもしれません。それはとても残念なことですが、相手の気持ちがあってのお付き合いですので、致し方ないことです。これを結婚相談所が悪いと責任の転換をするような人は、純粋に相手のことを考えていなかったのでないでしょうか。もしかすると、そういうところを見透かされて、この人はあまり自分のことを好きじゃないのかな、と思って違う会員の人と会うことを決めたのかもしれません。
結婚は、あなたがあって、相手があってはじめて成立するものであって、出会いと別れを人のせいにするような人と付き合いたいと思う人はあまりいないのではないでしょうか。

消極的な人

いくら相手を紹介してもらえても、あなたが消極的であればなにも話はすすみません。人の考えていることなど分かるはずもないので、あなたが相手に対してどうしたいのかということをはっきりと伝えないと、この人はわたしのことを嫌いなのかな、何を考えているのかよく分からないな、としか思われません。とても残念なことですが、世の中には自分が何もしないでも相手に理解してもらえるはず、という根拠のない自信を持っている方が多く、そういう人は消極的に待ちの姿勢を貫くわけですが、いくら待っても誰かがその人の気持ちに気付くことはないので、消極的な人にはいくら異性を紹介したところでカップルになりにくいということがあります。